カノン助産院へようこそ!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 年始の急患当番 | main | 年末年始の相談室当番 >>

おばあちゃんに想うこと

今日いらしたお客さまとそのお母さま
手技が終わって机でお話している時に
お母さまがチラシの切った紙を取り出して
メモ?何かを書いていました

私の母もそうでした
チラシなどの紙一枚を4,5回折って細長くして
メモをよく書いていました
今日の方は切っていましたが
メモの縦長のサイズが母と一緒
なんだか亡くなった母を思い出しました

母がいなくなってから
来る方がお母さまとご一緒だったり
ご実家に行く話 たまに赤ちゃんを預けたり
体調が悪い時に手伝いに来てもらったり、、、
そんな話を聞くと幸せというかなんというか
想うところあります
母がいる頃は 母が疲れすぎないかとか
頼ってばかりで自立できていないのではないかとか
遠慮がちに考えていましたが
今は 甘えられる時に甘えることも大切だなぁと
思います(もちろん限度はありますが)
私の年令も お客さまより お母さまに近いことなんかも
出てきて、、、!
考え方がちょっとおばあちゃん寄りになっているかもしれません
自分がおばあちゃんになったら 頼ってもらったら嬉しいです
それができなくなる頃には きっとおばあちゃんも隠居で
おおおばあちゃんになるのだと思います

ちなみに今日のお母さまが書いていたメモは
「私の故郷の飴です。疲れた時にポンと口に入れてください」
ふと見たら 机の上に飴とメモが置いてあって
母のいなくなった私にとっては特に嬉しい温かいプレゼントでした
 
よもやま話 | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.mbkanon.com/trackback/121
この記事に対するトラックバック