カノン助産院へようこそ!

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

アロマザリング、という言葉知っていますか?

先日、千葉市助産師会の研修で

「アロマザリング」について学んできました。

 

最初「アロマ ザリング」?

  「アロ マザリング」?と

一瞬アロマの話かと思いつつ…講師が根ケ山先生だったので

「マザリング」の方だな、と。

でもお恥ずかしながら言葉の意味は知りませんでした。

 

「アロ」とは「他の」とか「たくさんの」という意味の接頭語で

「アロマザリング」とは「(母親だけでなく)たくさんの人・モノが子どものケアをすること」

という意味だそうです。

誰かが赤ちゃんを抱っこしたら、その人は「アロマザー」

赤ちゃんがおもちゃで遊んでいたら、そのおもちゃも「アロマザー」

そう考えると、世の中はアロマザーであふれています。

 

これまで、助産師のはたらきとして「マザリング ザ マザー」という言葉を知っていました。

助産師が、お母さんをマザリングする、ということです。

この言葉も素敵だと感じていましたが、

それと同時に「助産師は、お母さんと子どもをみている」という感覚をも

持ち合わせていましたので、

「アロマザリング」という言葉は私にとってとてもしっくりくる言葉です。

 

また、一人の母として、

「私だけが子育てしているのではない。

 私の子どもを多くの人・モノ・地域が関わって育ててくれているのだ」

という当たり前のことを言葉で受け取ることで、

素直にちょっと肩の荷が軽くなるような気持ちになりました。

世の中のお母さん、頑張りすぎないで♪

 

助産師は「マザリング」するだけでなく「アロマザー」でもあって

やっぱり私はこの仕事、というか生き方、というか、好きだなぁ。

よもやま話 | - | trackbacks(0)

年末年始の千葉県急患受け入れについて

今年も残すところわずかとなってきました。

例年通り、千葉県の桶谷式相談室・訪問は急なトラブルの方のために

シフトを組んで対応します。

 

手技料金は休日加算2割増しで、相談室初診6480円、相談室再診4530円

訪問は9070円と交通費別途(1劼△燭30円+駐車場料金)となります。

 

12月29日

Well Baby 市川市 当日電話予約必要 9-11時 047-324-0820

 

よしおか助産院 成田市 予約必要 9-13時 0476-28-8805

 

つむぎ助産院 浦安市 ネット予約の上来院可・9-12電話問い合わせの上来院可

  047-720-0286

 

はぐみ母乳育児相談室 午前訪問のみ 9時- 090-2251-0893

 

12月30日 

カノン助産院 千葉市 電話受付8時- 予約必要 9-12時 090-4598-0685

 

くどう助産院母乳育児相談室 船橋市 電話受付8時- 予約必要 9-12時

  080-3170-8181

 

12月31日

まつざき助産院 千葉市 電話受付7時- 予約必要 9-11時 043-308-5395

 

くどう助産院母乳育児相談室 12月30日に同じ

 

1月1日

Well Baby 12月29日に同じ

 

おおた助産院 千葉市 9-11時 当日電話予約必要 043-242-8172

 

1月2日

季美の森母乳育児相談室 大網白里市 電話受付8-9時 電話予約必要 9-13時

  090-7802-2093

 

カノン助産院(訪問のみ) 千葉市 電話受付8時- 予約必要 090-4598-0685

 

1月3日 

杉山母乳育児相談室 佐倉市 当日電話予約必要 9-12時 043-484-7471

 

桃李助産院母乳育児相談室 鎌ケ谷市 当日電話予約必要 9-11時 047-767-9691

 

 

   
    

桶谷式 | - | trackbacks(0)

主婦業と仕事に対して考えています

ちょっとややこしい話・・・?

 

時折

 

「4人も子どもがいて、こんなに仕事をしているなんて

 すごいですね」

 

と言われます。

言われた私としては、嬉しいわけでもなく悲しいわけでもなく

なんだかちょっと複雑な気持ちになります。

仕事を持っている方からも、持っていない方からも

この言葉を言われるのですが、真意はちょっと異なっている気がします。

 

私のことを個人的に表現するならば、

子どものことは大好きですが、

「自分」としては職業人としての側面がある方が合っていると感じます。

私にとって「助産師」という職業は一生もので、

死ぬときも助産師でありたいと思っています。

だから、仕事をしない状況は私にとって不自然な感覚です。

 

一方で、最近感じることは

「主婦」は「主婦業」なのだということ。

私の思う「主婦業」は、家事を外注にするなら

年間420万円(だったか?その位の数字だったと思います)とか

そういうことではなく、

自分ではなく子どもを社会に出す、それによって社会に貢献したり経済効果を生む

という業をする、ということです。

・・・上手く言葉にできているか心配です。

政治家がこう発言したら、叩かれて更迭されてしまうかも??

 

相談室にいらっしゃる方で「私はこう思う!」とかご意見あったら

ぜひ話し合いましょう!

文字で発信するのは真意が伝わりにくい部分もあると考えています。

また、私自身もこれまでの経験から悩んだり考えたりして

今のところはこう考えているよ、ということです。

根っこには、真の男女平等を自分なりに模索している、

何よりも女性の幸せを願ってのことだとご理解ください。

 

ちょっとスッキリしない話題でしたか?

正解があることではないので、私にとって考え続けたいテーマです。

よもやま話 | - | trackbacks(0)

地域について

自分が住む、子どもが成長していく「地域」について

みなさんはどう考えていますか?

私はとても大切にしたいと考えています。

ごくごく小さなところでいうと「学校の役員」

今年度、くじであてられたこともあって、

娘の小学校で執行部役員をしています。

大変といえば大変。でも、先生と接する機会も多くあって

学校の教育方針や運営の方向性も見えてきて

さらに、一緒に役員をする方々が素敵で、

決して「無駄」なことでもないし「やらなきゃよかった」ことでもないのです。

 

同様に、町の子ども会にも入会しています。

昨年度に引き続き、今年度も夏祭りの係でした。

町会や社会福祉協議会の方など、諸先輩方と会議などするのですが

「楽しく住みやすい町にしよう」という思いを共有できて

ジェネレーションギャップを感じながらも楽しく活動しました。

 

学校の役員や、子ども会の係、町会の活動などは、

全くのボランティアですよね。

なぜ、市や県になると職業になってしまうのか、疑問です。

町会の延長線上に市や県があったらよいのに。

話が膨らみますが、私は「市」のことを話し合う時、

普通に生活している市民こそが、自分たちの住んでいる「市」を

よりよくするために議論すべきだと思うのです。

だから、普通に仕事をして、その上で市のための議会に参加する。

全く無料では見合わないと思いますが、

自分の時間を使うことの代償程度、それのみでは生活できない程度の給料で十分です。

副業的に、ボランティア精神で地域のことを考えていきたい人がなってほしい。

私はそれなら色々意見を言いたいことがたくさんあるので

会議に参加したいな、と考えます。

助産院をやめたくないし、助産院で子育て中のみんなから聞いたことを

市政に生かしていけると考えるからです。

儲からない状況になったら、どれだけの人が議員になりたいと思うのだろう。

福祉が充実している北欧の市議は、このスタイルなのだとか。

よもやま話 | - | trackbacks(0)

でもやはり・・・

手技室のレイアウトは、

やはり…一日に10人以上の方が横たわることがわかっていながら

足が伸ばせないのもよくないかな、と考え、

90度ベットの場所をずらしました。

身長の高い方も安心して足を伸ばせます♪

 

話は変わり、6月6,7日は桶谷式の総会でした。

全国にいる同期のみんなと久しぶりに集って

近況など語り合いました。

それぞれの地域で頑張る同期の存在、

ありがたく嬉しいです✨

 

だんだんと本部役員になっていく同期のメンバー…

応援しています。 

桶谷式 | - | trackbacks(0)

助産院のレイアウト変更しました!

本日より、助産院のレイアウトを変更しました!

 

今まで手技の部屋だった和室を待合室にしました。

いらした方は、和室に入ってお待ちください。

リビングは、夫や息子も通る場所としましたので、

和室のふすまはぴったり閉めてくださいね。

 

和室の奥の小部屋を、新しく手技の部屋としました。

ベットは、プライベート感を大切にしたいため

身長の高め(160儖幣紂砲諒は膝を曲げていただくことになる配置です。

今日は、「別に窮屈ではないですよ」と言っていただいたのですが

よりよい空間にしたいので、ご意見ある方はぜひ教えてください。

なるべく応えていきたいと考えております。

桶谷式 | - | trackbacks(0)

なぜかブログ休止になっていました

この前の記事を入力した時に手が滑ったのでしょうか?

ブログが勝手に⁉休止になっていました。

そういう時に気づかされます。。。

意外と??みなさま見てくださっていて

「ブログ見られなくなっていましたよ」と

何人か教えてくださいました。

 

例のごとく機械に弱い私…

サーバーの不具合とかではなく、

どうやら私自身が休止のボタンを押してしまっていたようです。

なんで?????

お問い合わせフォームからお返事をいただいて、

この通り再開しました!また、書いていきますね。

よもやま話 | - | trackbacks(0)

ひろちゃん

昨日書いた「ひろちゃん」の記事。

「ひろちゃん」は現在火曜日と金曜日に来てくれている

家事代行の頼れるパートナーです。

火曜日は私が訪問に行っている間にお掃除

金曜日は相談室中にお料理をしてくれています。

お子さんがアトピー体質だったこともあって、

マクロビの知識もあるひろちゃん。

ヘルシーでボリュームある料理をドン、ドン、ドン!と作ってくれるので

土日はチンして、少し追加で作る程度で美味しくいただいています。

 

また、整理収納アドバイザー1級の資格も持つひろちゃん。

キッチンと収納庫の片づけを一緒にしてもらいました。

今度は、相談室のレイアウト変更も共にしてもらいます。

私は「プチ片付けられない人」って思っていたけれど、

最近そうでもないかもと思いつつ、でも片付け上手ではないから

ひろちゃんの存在は心強いです。

そんなひろちゃんも、以前は片づけが上手ではなかったそうで。

 

ひろちゃんと話していると、

大好きなものだけに囲まれて過ごす、

そうでないものは思い切って手放す。

モノが少ないと散らからないし、あるモノ全てが大切なもの。

そんな理想に思う日常生活を送れそうな気がしてきます。

まだまだですが、少しづつ取り組んでいます。

 

ひろちゃんのブログ「整え暮らす」 http://ameblo.jp/h125f 

 

まだみなさまにご紹介したい方がいますので、また次回。

- | - | trackbacks(0)

助産院のレイアウトを変えます!

お知らせです。

 

助産院にいらしたことがある方はご存知ですが、

今のレイアウトでは、待合室を通らないと2階のプライベートスペースへ

行けないため、夫や男の子が自分の家なのに入れない・躊躇する状況です。

それでも私の仕事に慣れている子どもは、気にせずではあるのですが、、、。

長男の高校進学、次男も6年生になりますので、

いつも来てくれているひろちゃんに相談して

レイアウトを変更することにしました!

 

実際に変わるのは4月(おそらく)9日からになります。

今までより少し手狭になりますが、

より快適な空間となるよう工夫します。

ご理解よろしくお願いします。

 

ひろちゃん、って誰?と思う方、次のブログをご参照ください。

桶谷式 | - | trackbacks(0)

デジタル社会に思うこと

スマホはじめこのIT時代をみなさまどう考えますか?

 

中学3年生の長男の同級生はおそらく80%以上、スマホを持っています。

我が家は「人は人、うちはうち」と

高校生になるまではスマホを持たせないという方針でやってきました。

けど、結局Z会のために持たせたiPadを、

自制して自律する練習と思ったはずなのにゲームばかりして、

Z会は辞めてゲームに依存するという形だけ残る…

最悪なパターンにはまりました。

高校進学が決まった長男につい数日前、スマホを購入しました。

 

私はデジタルに弱く、「クラウド?あの雲みたいなヤツ⁉」

という感じで、昨日のお客様と私のデジタルに弱い話で

相当大爆笑しました。

でも、笑うだけでは済まされない部分もたくさんあります。

自分のお子さまのこと。

ブログやネット検索では解決しないことも多いでしょう。

長男の思春期で思うことは

「一般論」ではなく、目の前にいる「その子」が「実際に」「どうか」を

向き合って感じることが大切なんだなぁ、と。

自分も反省しきりですが、

最近、自分の子どものことをブログや有名な教育者などで一般化して話す方が

増えたように感じます。

 

子育てって、生きていくことって、感覚が大切だと

ことあるごとに思い知らされます。

目の前の家庭、子ども、自分ときちんと向き合うことが

今の私のやらなければならないことですね。

なんだか掘り下げた話になってしまいました。

みなさまの今日がハッピーでありますように。

よもやま話 | - | trackbacks(0)